こんにちは。

ガラスや石などでモザイク制作をしております。

少しずつ更新をしておりますので、よろしかったらご覧になっていってください。

  

更新!:最近の制作/2020年11月10日

      

第一回いのちのことば社絵本大賞の、期待賞を受賞しました。

https://www.wlpm.or.jp/pub/ehon/

私が文章を書き、美術大学時代の油絵専攻の後輩の友人がすばらしい絵を描いてくれました。

2021年度出版予定とのことです。

 

「物語」は、この「mosaic-story」の名前の元にもなったもので、

私がモザイクを制作する中でこっそりと大切にしているものです。

最初に「物語」を制作し、モザイク画では、そのお話を抽象に落としてこんで、デザインをする、という作業が、制作の原点になっています。

 

今回の絵本では、私は文章のみで、

画家として活動している友人の絵が、多くの方に感動を届けてくれるような気がします。

文章はまだまだ未熟で、たくさんの修正が必要でした。(きっとまだ修正があると思います。)

また出版の際には、こちらでお知らせいたします。

ピザ窯のデザインを作成しました。

制作には至らなかったのですが、いろいろと勉強になりました。

プレゼントに表札を作成させていただきました。

お子様のネームプレートのご注文をいただき、作成しました。

それぞれのお子様のお好きな色とモチーフをうかがいました。

表札のご注文をいただき、作成しました。
「家」と「山」という素敵なキーワードをいただき、デザインさせていただきました。

学校の校章をタイルにして、全校生徒で貼るというプロジェクトに参加させていただきました。生徒さんお一人お一人が本当に一生懸命参加してくださり、思い出深い活動となりました。株式会社小林タイル様には、すばらしい機会を用意していただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語教室の看板のご注文をいただき、作成しました。

《森》

鏡を作りました。

《鳩》

 

《四つの扉》

 

《陽がおちる》

家に帰るとき見た、山に夕陽が沈む瞬間の風景です。

 

以前作成した鍋しきの柄を、壁掛け用にアレンジしました。

聖書に出てくる、鳩です。

旧約聖書の創世記、ノアの方舟のお話で、洪水の水がひいたかどうかを確認するために、ノアが方舟から、放った鳩。オリーブの枝を口にくわえて帰ってきました。

葉っぱの壁掛けです。

 

十字架の壁掛け。とても小さなものです。

教会の週報デザインを依頼されたので、それに掲載してみるために、教会のモザイクを作成しました。

鳩のモザイクと組み合わせて、作ってみています。

結婚のお祝いのプレゼントです。

鍋しきです。

表札のご注文をいただきました。

 

最近の制作


施工が終わり、設置していただきました。

教会のお墓のモザイクを制作しました。聖書の黙示録22章

「御使いはまた、私に水晶のように光るいのちの水の川を見せた。それは神と子羊との御座から出て、都の大通りの中央を流れていた。川の両岸には、いのちの木があって、十二種の実がなり、毎月、実ができた。・・・もはや夜がない。神である主が彼らを照らされるので、彼らにはともしびの光も太陽も光もいらない。」

という箇所からイメージしました。

まだ施工は終わっていませんが。

ぶどうを栽培されているご夫婦からのご注文で、ウェルカムボードを作成しました。この農園さんがつくられた葡萄を、去年母から送ってもらい、とてもおいしくいただきました。

結婚式のウェルカムボードを制作しました。新郎が緑色、花嫁が白とオレンジ色がお好きとうかがい、デザインを考えました。

鍋しきを制作しました。親しい方へのプレゼントとうかがい、明るい雰囲気の鍋しきとなりました。

パン屋さんに置いていただくテーブルを制作しました。石川県白山市にあるサフランというパン屋さんで、天然酵母のとてもおいしいパン屋さんです。

星降る夜
星降る夜